【初心者向け】gitのコマンド操作まとめ

  • gitのコマンド操作は難しそうと感じている方
  • 普段sourcetreeを使ってgit管理している方
  • gitの操作が怖くて仕方ない方
けい
けい

こんにちは!
最近gitコマンドに慣れてきた(@new_design)です。

今回はSourcetreeなどを使わずにgitコマンドを使う方法について解説していきます。ターミナルでgitコマンドを扱いたい方はぜひ本記事を参考にしてください。

Gitのローカルとリモートとは?

Gitには『ローカル環境』『リモート環境』という言葉が出てきます。ローカルとは皆さんのパソコンのことを指し、実際にコードを書く場所を指します。

一方でリモート環境とはGitHubなどWeb上にアップされた環境を指します。このリモート環境があるため、複数人でコードを共有したり、変更したりすることができるわけですね。

ローカルとリモートの関係は上の図でのようなイメージになっています。

ローカルリポジトリに登録 git init

そもそもローカル環境は下図のように『ワークツリー』『ステージ』『リポジトリ』の3つに分かれています。

このローカルリポジトリを作成するのが『init』コマンドです。

git init

ローカルとリモートを紐づける git remote add

Githubで新しいリポジトリを作成→リポジトリURLをコピー

今回はSSHのURLをコピペする。

git remote add origin リポジトリのURL

ローカルとリモートリポジトリが紐づいたか確認するために、下記コマンドを実行する。

git remote -v

実行結果が下記のようになればOKです。

origin    git@github.com:ユーザ名/git-practice.git (fetch)
origin    git@github.com:ユーザ名/git-practice.git (push)

リモートリポジトリにプッシュする git push

ローカルリポジトリの変更をリモートリポジトリに反映させるために『push(プッシュ)』します。まずは『add』コマンドを実行して、インデックスと言う場所に追加します。

git add *

そして下記コマンドでコミットします。

git commit -m "Initial Commit"

「Initial Commit」の部分は自由に変更可能です。どのような内容なのか分かるようにしておくのが良いです。

コミットが完了したら、pushしていきます。

git push origin master

originがリモートリポジトリ、masterがローカルリポジトリを表します。仮に『test』というブランチの内容をプッシュする場合は以下のようになります。

git push origin test

これでプッシュは完了したので、Githubのページにいきプルリクエストが来ているか確認します。

masterブランチにpullする git pull

リモートの内容をローカルに反映させるために、下記コマンドを実行します。

git pull origin master

ブランチを作成する git branch

ブランチを作成するには下記コマンドを実行します。

git branch ブランチ名

現在のブランチ一覧を見る場合、下記コマンドを実行します。

git branch

ブランチを切り替える git checkout

ブランチを切り替えるには下記コマンドを実行します。

git checkout 切り替えたいブランチ名

ソースコードのクローン作成 git clone

他の人がGithub上に公開しているソースコードを入手したい時に便利です。

git clone (HTTP or SSHのリンク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です